みんなでつくる!プラモデル・模型ハウツー&レビューサイト

MENU SEARCH
ガンプラ

HGUC バーザムのレビュー

レビュー
マ大佐 16,515
2017年08月16日(水)
2017年5月20日に一般販売された「HGUC バーザム」を、素組みと素組み+部分塗装+スミ入れ+シールでレビューします。
はじめに
ティターンズ製のガンダムMk-Ⅱの量産型とされるバーザムは、これまで2005年の『劇場版 新訳Zガンダム』の際など、何度もキット化のチャンスはあったものの、ガンプラとしては「BB戦士282 天翔狩人摩亜屈」の組み替えでできる「刃斬武将軍」や、他には一部の食玩、GK等を除き発売されていなかったので、今回1/144スケールではTV版Zガンダムの放映以来初の待ちに待ったキット化となりました。

本キット「HGUC バーザム」は、最新HGフォーマットにより、多彩なポージングを可能にする広い可動域を持ち、劇中のさまざまなアクションポーズが再現可能となっています。
キットの紹介
内容物の紹介
パッケージ
001
かつてケロロ軍曹やガンダムビルドファイターズ等の番組劇中でも、当時未発売だったバーザムのキットがこっそり登場していましたが(キット化への期待の表れでしょうか)、その際の構図と非常によく似たイラストです。
バンダイのスタッフもかなり気合いを入れて開発したようで、いくつもの構図パターンが検討されていたようです。
002
側面には、キット解説が掲載されています。
説明書
001
HGUC開始以来の統一フォーマットです。
002
組み立て説明の他に、機体の設定解説や、カラーリングガイドなどが掲載されています。
ランナー
A1ランナー
001
多色成形で、濃紺、紺、赤、グレーのパーツで、関節や肩、足の部分など全身のパーツが含まれています。赤の部分はスラスター等のパーツです。
A2ランナー
002
90%くらいがA1ランナーと共通です。赤のパーツの代わりにクリアピンクのモノアイパーツが配置されています。
Bランナー
003
紺色単色のパーツ。主に腕部や脚部のパーツで構成されています。
Cランナー、Dランナー
004
Cランナーは、濃紺のパーツで、主に胴体や武器のパーツで構成されています。
Dランナーは、黄色のパーツで、主に胴体や腕部の縁の黄色いパーツで構成されています。
Eランナー
005
グレーのパーツで、主に全身にわたる関節部分で構成されています。ここには、握り拳と平手のパーツも含まれています。
SB-13ランナー、ポリキャップ
006
SB-13ランナーは、珍しい黄色のビームサーベルの刃のランナーです。
ポリキャップは、PC-002です。本キットでは、関節はほとんど最近ポリキャップレスのキットなどでよく用いられる新素材のPSが使用されていて、半分以上が余ります。
シール
ホイルシール
001
主に赤色の部分やグリーンのカメラ部分の再現用のものとなります。
ここは、膝と肩のスラスターの赤色を再現するモノも欲しかったところです。
組み立て開始
頭部
001
ここ最近のHGUCのキットと比べてもかなり細かい分割です。
002
モノアイはクリアパーツ仕様です。
003
004
胴体
001
胴体のパーツ一覧です。
002
003
004
胴体は他の連邦系、ジオン系のどのキットとも異なる構造で、ここでもデザインの独自性が見て取れます。
股間部分の謎の穴については、設定画の解釈をめぐって、かねてから中心より“左上寄りに付いている接続穴”なのか、“中央に付いているスラスター状のデザイン”なのかファンの間でも議論が分かれていましたが、最近バーザムをデザインした岡本英郎氏は前者のイメージが近いとしており、今回のキットでもそちらが踏襲されています。ちなみにROBOT魂Ka.signatureでは両方が付属していましたね。
バックパック
001
パーツ数は少なめで、他のMSと異なり、前後に薄いデザインのバックパックとなっています。
002
3mmの接続軸はここ最近の他のHGUCのものと共通ですので、色々付け替え遊びが捗りそうです。
腕部
001
002
肩アーマーのパーツも他のMSでは見られないようなデザインです。上腕のパーツが胴体側に向かって斜めになっているのが面白いデザインですね。また、完成後には見えない部分ですが、シールド(?)の裏にはビームサーベルの柄が内蔵されています。
脚部
001
002
かなり長めの脚部で、ここが等身を上げている一因でもあります。股関節も他のMSと異なる独特の構造で、バーザムの特徴あるシルエットを構成しています。
武器
001
002
ガンダムMk-Ⅱとは少し異なるデザインのバルカンポッドと、ビームサーベル(黄)、ビームライフルが付属します。
本体右腕にビームライフルが付けられます。写真では正面を向けるため上下逆になっていますが、銃口の下側が長いデザインは珍しいですね。
サイドのエネルギー供給(?)ベルトパーツは非装備時の短い物と装備時の長い物が選択できます。

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

マ大佐

マ大佐の記事一覧(4)