みんなでつくる!プラモデル・模型ハウツー&レビューサイト

MENU SEARCH
ガンプラ

HGUC イフリート・シュナイドのレビュー

レビュー
マ大佐 16,425
2017年08月08日(火)
2017年7月8日にバンダイより一般店頭販売商品として発売されたHGUC No.206イフリート・シュナイド(1,944円(税込))を素組みとホイルシール+スミ入れでレビューしていきます。
はじめに
ジオン製のMSであるイフリート・シュナイドは、系譜的にはグフとドムの間の機体とされています。全部で8機生産されたという設定がありますが(※諸説あり)、「機動戦士ガンダムUC」で登場した際は、一瞬の活躍だったものの、まさかの登場でとても驚かされたものです。

それがよもや数年を経てキット化されるとは思いもよりませんでした。
以前RE:1/100シリーズで系列機の「イフリート改」が発売され、その後本機はプレミアムバンダイでの発売となりましたが、今回は逆に本機は一般店頭販売で、イフリート改がプレミアムバンダイでの発売となるようです。
また、他にもゲーム等で登場したノーマル仕様のイフリートや、イフリート・ナハトといったバリエーション機も存在するので、これらも何らかの形でキット化して欲しいところですね。
アイテムの紹介
内容物の紹介
パッケージ(箱絵)
パッケージのイラストは、劇中のアグレッシブな活躍を彷彿とさせる構図がとてもかっこいいです。
側面には、キットの解説が掲載されています。
説明書
HGUC開始以来の統一フォーマットです。
組み立て説明の他に、機体の設定解説や、カラーリングガイドなどが掲載されています。
ランナー
A1ランナー
多色成形で、紫、小豆色、白、グレーのパーツで、バズーカやヒート・ダート、腕部や脚部、肩アーマー、胴体の部分など全身のパーツが含まれています。
A2ランナー
半分くらいがA1ランナーと共通です。
主にA1ランナーからバックパックや武器、左腕部の甲のパーツを間引いたモノとなっています。
B1ランナー
こちらもA1ランナーと同色の多色成形のパーツです。
主に胴体や脚部のパーツで構成されています。
B2ランナー
B1ランナー同様、多色成形です。
B1ランナーから胴体部分などを間引いたパーツ構成となっています。
C1ランナー
グレー一色の単色ランナーです。
主に腕部や脚部の関節のパーツとなります。
C2ランナー
グレー一色の単色ランナーです。
C1ランナーから胴体の部分等を間引いたモノとなります。
D1、D2ランナー
それぞれオレンジ色のパイプのパーツと、ヒート・ダートの赤熱化状態のパーツです。
共に軟質樹脂ですが、異なる柔らかい素材でできています。
ポリキャップ
PC-002です。
近年のHGUCで使用されるスタンダードなポリキャップのパーツとなります。
シール
ホイルシールです。
ピンク色のバズーカのスコープ部分や、グリーンの頭部メインカメラ部分の再現用のものが入っています。
また、オレンジ色の股間と足部分のダクト再現用のもの、グレーのバックパックのスラスター部分の再現用のものも入っています。
組み立て開始
頭部
全部で9パーツとかなり細かい分割となっています。
モノアイは可動仕様。ジオン系としては相当なイケメンフェイスになっているのではないでしょうか。
頭部を上から見た状態です。
尚、アンテナには安全用のタグが付いていますので、気になる方は必要に応じてにッパーなどで切り取ると良いでしょう。
胴体
ザク系やグフ系等と似た構成の胴体〜腰部分です。かなり細かくパーツ分割されています。この辺りは最近のジオン系のスタンダードな構成ですね。
特筆すべきは、肩関節にポリキャップではなくグレーのプラパーツの二重関節構造が採用されている点で、可動範囲がとても広そうです。
また、オレンジの動力パイプは軟質パーツになっているので、可動が妨げられないようになっています。
バックパックは最小限の分割ですが、十分な再現度です。
腕部
腕部は比較的グフ系に似た形状ですが、肩アーマーはヒート・ダートがマウントされるため、スパイクはナシです。

また、左前腕部にのみ、ヒート・ダート用のウェポンラックが付きます。
肩の白い部分が色分けされていて、素組み派には嬉しい配慮ですね。
脚部
太ももはグフ・カスタムに近い形状です。脛は曲線のラインが美しいです。
こちらも肩アーマー同様、脛の白い部分が色分けされています。
武器
武器は、ドムなどと同デザインのバズーカと、ヒート・ダートが計16本付属します。

ヒート・ダートは、内2本は抜き身の赤熱化状態のモノですが、ノーマルのモノと柄を交換すれば、ノーマルで抜き身のモノ、逆に赤熱化状態でのマウント(こちらはあまり再現することはないかもしれませんが)を再現することができます。
武器の組み立てが完了しました。
ヒート・ダートは数が多いので、しっかり成形してシャープに仕上げるのは、結構な根気を要する作業になりそうです…汗

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

マ大佐

マ大佐の記事一覧(6)