みんなでつくる!プラモデル・模型ハウツー&レビューサイト

MENU SEARCH
ガンプラ

HG ガンダムアスタロトリナシメントのレビュー

レビュー
イトキン 10,660
2017年08月10日(木)
2017年7月15日に一般発売されたHGガンダムアスタロトリナシメント。価格は1,944円(税込)
何と言ってもアシンメトリーな機体デザインが興味をそそります。
鉄血のオルフェンズにド嵌りだったことも相まって、このおしゃれガンダムを素組&部分塗装でレビューしてきたいと思います。
はじめに
「ガンダムアスタロトリナシメント」は、公式外伝『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼』第2期の新たな主人公機です。
設定としては、ガンダムアスタロトが再び強奪され、木星圏の闇市で発見されたときには、装備の大半は失われてしまい、再び様々なMSの装備をかき集めて再建したため、左右非対称な歪な姿になってしまったとのことです。

ガンプラでは、「HG ガンダムアスタロト」のバリエーションキットで、多くのパーツが共通ですが、特徴的な左右非対称のデザインのパーツと新たな大型武器「バスタードチョッパー」が新規パーツで再現されています。
キットの紹介
内容物の紹介
パッケージ(箱絵)
鉄血シリーズ共通の箱絵ですね。
側面は、キットの紹介が掲載されています。
説明書
機体解説やパイロット紹介、戦闘スタイル、武装などが紹介されています。
組み方の説明です。
ランナー
Aランナー
IBOガンダムフレーム4になります。
Bランナー
よく見るとライトグレー、アスタロトオリジンフレームです。
Cランナー
3色2枚構成のCランナー。
パーツ探しが大変そうですが、説明書には親切にブルーC、グレーCと表記されています。
Dランナー
一部ガンダムフレームと武器用です。
Eランナー
赤パーツが少ない印象を受けます。
Hランナー
多色成型ランナー。
どうせならCランナーもこうしてもらいたいところです。
ポリキャップ
PC-002です。
ホイルシール
できる限りホイルシールは排除したい私。
左腕に貼られる部隊マーク。どうしましょう(^^;)
組み立て開始
胴体
制作途中の胴パーツになります。
ガンダムフレームにフロントアーマーを装着する鉄血おなじみのスタイル。
頭部
頭部のパーツです。
左右非対称な特徴的な頭部アンテナをしています。
気持ち良く合わせ目が出ます(T_T)(赤枠)
腕部
右腕パーツになります。武器用の角度つき持ち手が付きます。
ここも(赤枠)躊躇なく合わせ目がでます(-_-;)段差もあり消しの難易度高し。
当然、表にも出ます(赤枠)。一応右腕完成です。
左腕パーツ。あまりガンダムの腕っぽくありませんね。
赤枠が合わせ目箇所。
後ハメ加工には黄色枠あたりを切り離し、加工することになりそう。
脚部
足周りのパーツです。
足パーツが完成しました。
右脚パーツです。
合わせ目が出ます(赤枠)
右脚完成。
左脚パーツです。一転して白へ。
黄色枠のピンを切り取り、後ハメ加工で赤枠の合わせ目に対応します。
右、左脚ともに同じ加工で後ハメできそうです。
左脚完成。
無骨さは右も左も一緒ですね。
腰部
制作途中の腰パーツ一式です。
かなり小さめのフロントアーマー。一体式ですが切り離す必要はなさそう。
バックパック
ランナーから切り離しただけですが、バックパックです。
武装
サブアーム
サブナックルの組み立てです。
特徴的な大型アームを握らせてから盾側の突起を腕側にはめることでしっかりと固定されるようになっています。
ライフル
武器パーツはほとんどモナカ割です。
腰に装着するためのホルスターパーツが付きます。
「HGガンダムアスタロト」付属のものと同型です。
ショートナイフ
2本付属します。
ナイフにもホルスターパーツが付きます。
サイドアーマーに2本マウントできます。
バスタードチョッパー
特徴的な武器のバスタードチョッパー。
完成です。
デモリション・ナイフ
バスタードチョッパーと合体するデモリション・ナイフ。長い。
余剰パーツ
余剰パーツでアスタロトの左腕が作れます。
それ以外にも、こんなにいっぱい余ります。

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

イトキン

イトキンの記事一覧(3)