みんなでつくる!プラモデル・模型ハウツー&レビューサイト

MENU SEARCH
ガンプラ

HGBF すーぱーふみなアクシズエンジェル Ver.のレビュー

レビュー
Irarei Hobbys 18,295
2017年08月11日(金)
今回レビューする「HGBF すーぱーふみな アクシズエンジェルVer.」は、ガンダムビルドファイターズARにて登場する、すーぱーふみなの進化系ともいえるバリエーションモデルです。
2017年3月23日に発売(出荷)、価格は2,376円(税込)です。なお一般アイテムのため店頭で購入できます。
はじめに
ベースとなった「HGBF すーぱーふみな」は、美少女モビルスーツともいえる新たなジャンルで、限りなくキワモノに近いガンプラながら、発売当初から爆発的な人気を獲得しました。
その人気に拍車をかけるように登場した当キットが、どのような進化を遂げているのか、今回は素組みと部分塗装にてレビューしていきます。
キットの紹介
内容物の紹介
パッケージ(箱絵)
パッケージには宇宙に浮かぶアクシズをバックに、舞うように戦場を駆けるすーぱーふみなの勇姿が描かれています。
ちなみにすーぱーふみなシリーズのデザインを担当しているのは、メカ少女ブームの火付け役として知られる島田フミカネ氏です。
箱の側面には、キット解説が掲載されています。
説明書
001
説明書はB5サイズの巻4つ折、全8ページで、片面フルカラー印刷の豪華な仕様です。
002
随所に星マークが散りばめられているなど、可愛らしさにあふれたデザインとなっています。
また、その愛らしさとは裏腹に、商品説明で何度も繰り返される「俗物共」というセリフが、このキットの生い立ちを物語っています。
ランナー
Aランナー
ホワイトのAランナーはパールがかった成型色で、主に腕部、脚部のパーツです。通常のすーぱーふみなと共通のランナーとなっています。
Bランナー
Bランナーの成型色はライトピンクです。
ショルダー、ヒール、胸部、腰部、ランドセルなどのパーツで、このランナーもすーぱーふみなと共通のものとなっています。
H1ランナー
新規ランナーであるH1ランナーは、Aランナーと同じホワイトの成型色です。
主に胸部、腰部、ウイング、武器のパーツとなっています。
H2ランナー
H2ランナーも新規ランナーで、内容はH1ランナーと同様、主にウイング、武器のパーツとなっています。
C、D1、D2、I2ランナー
ホワイトのCランナーは大腿部、臀部、ヘアリボン。
ライトブラウンのD1ランナーは髪の毛と眉毛。ベージュのD2ランナーは顔、太腿、腰。
同じくベージュのI2ランナーは胸元のパーツです。
I2ランナーを除いてすーぱーふみなと共通のランナーです。
I1、SB6、G2、BA-0ランナー
軟質素材のI1ランナーは腰部アーマー。
クリアイエローのランナーSB6はビームサーベル。
クリアパーツのランナーG2はスタンド基部と目元に使用するパーツ。
同じくクリアパーツのランナーBA-0はスタンドの支柱です。
G2とBA-0ランナーがすーぱーふみなと共通です。
ポリキャップ
すーぱーふみなと共通のポリキャップPCF-6Aと、新規パーツのポリキャップPC-7です。
主にショルダーやウイングを接続するために使用します。
ホイルシール
付属のホイルシールは、全身に施されているキュベレイを彷彿とさせるスリットをすべて補うため少し多めです。
また瞳のシールは、目線の異なる3タイプが複数枚付属している上、さらに睫毛と一体のものと別のものが用意されており、その中から選ぶことができます。

ちなみに通常のすーぱーふみなに付属していたシールは、顔の側面まで覆うアイマスクのようなシールだったため、とても違和感がありましたが、このキットでは改善されています。
組み立て開始
頭部
頭部のパーツです。
頭頂部の帽子のようなパーツのほか、頭部は通常のすーぱーふみなと同じ構成です。
また目元のパーツは、瞳が奥まった位置にある従来のモールド有り/無しに加えて、目元とツライチになるようなパーツが新たに追加されています。
これによって目元の印象がかなり改善されました。ちなみに側頭部に目立つ合わせ目が出ます。

胴体
胴体のパーツです。
胸部は新規パーツを使うことによって、胸元がかなり露出したスタイルとなっています。
特に気になる合わせ目はありません。
腰部
腰部のパーツです。
腰部はキュベレイの意匠を取り入れた新規パーツによって、雰囲気がかなり変わっています。

また通常のすーぱーふみなでは腰部のスカートが軟質素材でしたが、今回はウエスト回りに使われているだけなので、全体的に強度が増している印象です。こちらも気になる合わせ目はありません。
腕部
腕部のパーツです。
前腕と肩に新規パーツを配した腕部は、すーぱーふみなと基本構造は同じながらも、見た目の華やかさが増しています。
前腕の内側に合わせ目が出ます。
脚部
脚部のパーツです。
脚部も基本的な構造はほぼ一緒ですが、足の甲のアーマーが新規パーツとなっています。
接続部が深くなっているため、従来のものに比べて抜けにくくなっています。
大腿部、ふくらはぎ、膝関節などに合わせ目が出ます。

バックパック
ランドセルは共通ですが、左右にある接続孔には、ガンダムの関節部のようなマルイチパーツを差し込みます。
前後挟み込みのため合わせ目があります。
武器類
武器は2種類付属しています。
遠隔操作可能という設定のファンネルを、ロックアップロッドに接続したというマジカルステッキと、クリアイエローの二振りのビームサーベルです。
ビームサーベルは両肩に装着しているグリップを外して取り付けます。
マジカルステッキは連結できます。
スタンド
接続部にあしらわれた星のマークがキュートなクリアスタンドは、通常のすーぱーふみなに付属しているものと共通です。
なお当キットは巨大なウイングを背負っていることもあり、自立はほぼ不可能ですのでスタンドは必須となります。
ウイング
このキット最大の特徴ともいえる巨大なウイングのパーツです。
基部のパーツはとても複雑な構造となっていて、左右の向きなどを間違えないように、組み立てには十分に注意しました。
ウイングそのものが一体成形のため合わせ目はありません。
余剰パーツ
一部ランナーがすーぱーふみなと共通となっているため、余剰パーツは比較的多めです。
通常のすーぱーふみなと組み合わせれば、ライトピンクのカラーリングをまとったバージョンを組むことができそうです。

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

Irarei Hobbys

40代の出戻りモデラーです。最近のガンプラはとても良く出来ているので、あまり手を加えず気軽…

Irarei Hobbysの記事一覧(2)