みんなでつくる!プラモデル・模型ハウツー&レビューサイト

MENU SEARCH
ギミック紹介
ファンネル


武器であるロックアップロッドの先端にはキュベレイと同様にファンネルが装備されており、これをウイングとリアアーマーの内側に取り付けることができます。
それによってファンネルの発射形態をイメージしてディスプレイできます。
ウイング展開
背中のウイングは前後左右へとかなりフレキシブルに可動するので、写真のように全面にハート型に展開することができます。設定ではここからハート型の高出力ビームを撃ち出すことができるそうです。
瞳シール
瞳のシールは左右中央と目線の異なる3種類が用意されているため、その中から好きなタイプをチョイスできます。
また、目元のパーツも3つ付属しているので、その時々の好みでチェンジすることもできます。
その他
ランドセル左右のマルイチパーツを外すと接続孔があるので、例えば通常のすーぱーふみなから大型のリヤライフルを流用して取り付けられます。

もしカラーリングをダークブルー×ピンクにすれば、量産型キュベレイのような雰囲気を楽しめます。
キャストオフ
通常のすーぱーふみなと同様、このキットでもキャストオフ形態にでき、新規パーツの影響もあってか露出がかなり多めとなっています。
またこの形態であれば自立可能です。
可動範囲
頭部
頭部の可動はポニーテールの後髪がショルダーアーマーと干渉することもあって、左右に動かす際に若干の制限があります。
腰部
腰部はポリキャップによる接続のため、上半身を360度回すことが可能です。
前後にもほんの少しだけ動かせます。
肩部
肩関節は前後左右に比較的自由に動かすことができますが、ショルダーアーマーが干渉することにより腕を広げる動作に制限が出てきます。
腕部
腕部は二段階に可動する肘関節のおかげでほぼ90度曲げることができます。
手首は前腕部のアーマーが干渉するためあまり外に曲げることはできません。
脚部
脚部は腰のサイドアーマーが干渉するものの、大腿部の構造により360度回すことができ、また腕部同様に膝関節が二段階に曲がるため、前後左右へとかなり自由に動かすことができます。
ウイング
背面に装着する4基のウイングは、複雑な構造をしたアームによって支えられており、上下左右へとフレキシブルに可動します。

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

Irarei Hobbys

40代の出戻りモデラーです。最近のガンプラはとても良く出来ているので、あまり手を加えず気軽…

Irarei Hobbysの記事一覧(3)