みんなでつくる!プラモデル・模型ハウツー&レビューサイト

MENU SEARCH
素組み+部分塗装+スミ入れ
各部に部分塗装とスミ入れを施した完成写真です。
瞳だけは付属のシールを使用しています。成型色がホワイト&ライトピンクと全体的にローコントラストのため、ブラックによる少し濃い目のスミ入れを施すことで、あえて各部の印象を際立たせてみました。この辺りは好みにもよると思います。
部分塗装した箇所のアップ
胸元のピンクのバックルを部分塗装しています。
帽子の黒い部分も塗装しています。
前腕と肩のアーマーのピンクを部分塗装してます。
フロントアーマーのピンクのラインや大腿部のピンクや濃いピンクの色分けを部分塗装で行っています。
ウイングやリアアーマーのピンクのラインを塗装しています。
ホイルシールで補っていた部分をすべて部分塗装しました。塗装には水性塗料を使用し、カラーレシピは説明書にある通りに調合しています。
またスミ入れはエナメルのブラックをメインに、一部ガンプラマーカーを使用しました。
アクション
マジカルステッキ
ビームサーベル
その見た目から可動域は広そうに見えますが、各パーツがお互いに干渉することによってそれほど派手なポーズを取れません。
特に脚部は意外と自由度が少ない印象で、アクションポーズを取らせるために思っていたより苦労しましたが、その甲斐もあってか凛々しい姿を収めることができたので満足です。
まとめ
通常のすーぱーふみなを元にしながら、巧みな流用によってまったく別のキットに生まれ変わったかのような当キットは、新規パーツのおかげで全体的によりいっそう華やかな装いを身に付けています。カラーリングはおおむね成型色で再現されていますが、細部に関してはほとんどホイルシールによって補われているため、素組みだけだと少し物足りなさを感じるかもしれません。

また、特に気になる緩い箇所はありませんでしたが、肘と膝の関節は凸状のポリキャップをはめているだけなので、無理に曲げると抜けやすいです。足首のポリキャップも固めで差し込みにくく、なおかつ抜けやすいです。さらに付属のスタンドはランドセルに差し込みますが、何度も抜き差ししているとすぐに緩んで外れやすくなるため、飾るときには気をつけたほうが良さそうです。

すーぱーふみなのバリエーションとして登場した当キットですが、さまざまな箇所が改良されている上、とても魅力的なデザインが施されているので、このキットに初めて触る方はもちろん、通常のすーぱーふみなを製作したことがある方にもぜひオススメです。

この記事をシェアする

この記事を書いたライター

Irarei Hobbys

40代の出戻りモデラーです。最近のガンプラはとても良く出来ているので、あまり手を加えず気軽…

Irarei Hobbysの記事一覧(3)